2017年07月27日

爪先にも椅麗な淡い色のマニキュアを塗る余裕があるのです

 かといりて男女平等だと、髪を振り乱して男社会と戦っているわけでもないのです。柔らかな微笑を絶やさず、常にフアッショナプルで、爪先にも椅麗な淡い色のマニキュアを塗る余裕があるのです。

 それが仕事のできる女性の余裕というものでしょう。その道のスべシャリストと呼ばれる女性たちの多くが女らしく、物腰が柔らかなのには驚かされます。仕事を持っている人ならおわかりでしょうが、仕事はファッションではありません。
11.jpg
posted by サイケイ at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

意外だった!

 中国では日本人女性と付き合いたい、日本人女性と結婚したいと願う中国人男性は少なからず存在する。日本人女性は「良妻賢母」というイメージが中国で定着していることが背景にあるためだ。
 
 だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国における日本人女性のイメージを覆しかねないサイトが日本に存在すると伝え、「なぜ一部の日本人女性は夫を激しく憎んでいるのか」と疑問を投げかけている。
 
 記事が紹介しているのは、「旦那デスノート」というサイトだ。夫に対して不満のほか、「早く死んで欲しい」という願いを書き込むサイトであることを紹介し、同サイトがメディアで取り上げられると日本社会に衝撃を与えたと主張した。
 
 続けて、中国人としては「少なからぬ日本人女性が『夫に死んで欲しい』と思っていたとは驚き」であるとする一方、日本社会には日本人女性がそのように願わざるを得ない理由も存在すると主張。その理由は「日本社会は今なお男尊女卑」であり、家庭のなかでも夫の方が地位が高いことが一般的だからではないかと考察した。
 
 さらに、世界が男女平等に向けた取り組みを進めているにもかかわらず、日本はいまだに女性の社会的地位が低いと主張し、こうした環境がもたらす絶望が「旦那デスノート」に寄せられるような願いにつながっていると主張している。
posted by サイケイ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

それを生かすには努力が必要なのです

11qq.jpg
 出逢いを生かす―これはその入と共存できるかどうかにかかってきます。共存を言いかえれば、お互いの存在を楽しみ合えるということです。背伸びすることなく、協調性を持ち、譲り合う心を保ちながら楽しい時間を分かち合うことです。

 そこにプラス自分らしさを忘れずに。ただ立っているだけで、トントン拍子に、いい人、いい出来事に出逢えることはまずないと思ってください。出逢っても、それを生かすには努力が必要なのです。
posted by サイケイ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

本格的な茶道の雰囲気は伝わらない

 外国の人、特に欧米の人にとって、畳の上に座るのは苦しい体験である。したがって、ときには椅子に座ってもらって、お茶を飲んでもらうこともある。しかし、畳の上でないと、本格的な茶道の雰囲気は伝わらない。

 また、維念を捨てる過程を経験してもらかめには、庭の中を歩いていき、蹲で手や口を清めてから茶室に入ってもらったほうがよい。そうなると、草履をはいて、飛び石の上を歩くのが、またひと苦労だ・足を上手に引きずっていかないと、草履は脱げてしまう。
11.jpg
posted by サイケイ at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする